リバーザー・ステップは、安全性と耐久性に優れたのり面点検階段、管理用階段、避難階段 新東化成株式会社

リバーザー・ステップ [のり面点検階段]
降雨・積雪など地表面変化の影響を受けにくく安全性・経済性に富んだのり面点検階段

リバーザーステップの特徴

優れた耐久性

リバーザー製品は黒色材(カーボンブラック混入)のため、茶色材等に比べ耐候性に優 れ、耐用年数に大きな差が出ます。
施工から25年以上が経過しても施工当時と変わらず使用されている実績があります。

参考:使用材料 耐用年数実績をご確認ください。

プレハブ式のため、地表面を削らずに施工可能

地表面を荒らさずに施工するため、降雨・積雪等の地表面の変化の影響を受けにくく、安全性・経済性に富んでおり、高速道路などののり面点検階段、巡視路階段、また、災害時の避難階段、シェルターステップに採用されています。

急斜面でも施工が可能

HS型 最大50度 ・ 梯子型 50度以上

耐腐食性・耐候性に優れたプラスチック厚板形成

材質がプラスチック厚板形成(25m/m t)のため耐腐食性・耐候性に優れ、プラスチック一体形成のため十分な強度があります。
(積雪 5m、密度 0.35t/m2 約240kg/段、SF-2)

工具は手ハンマー程度でOK

工具は部材うちこみ用の手ハンマー程度で施工できます。施工費が安くつき、経済的です。

除草の省力化も

地表面を覆うため、除草の省力化が期待できます。

岩盤部にもコンクリート面にも

岩盤部にもコンクリート面にも取付が可能です。

横連結も可能

階段本体の巾は4種類。横に連結して施工すれば、様々なニーズに対応できます。

違法コピー・類似商品にご注意ください。

弊社の PAT.を侵害して製造、販売されている商品が有りますので、ご注意ください。

弊社の商品は、材料にカーボンブラックを混入し耐候性を大きくしています。

茶色、グレー等の色の商品は紫外線等による劣化の進行が早くなり耐用年数に大きな差が出ます。

階段の種類と施工タイプ

階段の幅は、450mm・600mm・750mm・1000mmの4種類で、横に連結して使用することも可能です。
角度は15 度から50度まで5度刻みでご用意しています。取付面の状態によって6種類の施工タイプがあり、使用する部材が異なります。

土面取付

取付面が固くしっかりとしまっていて不等沈下のおそれが無く、取付面に凹凸がない地面に階段本体を直接メッキ鋼棒で固定します。

サンプル図面はこちら

土面取付 (切り土)

フラットでなく柔らかな地面取付

地山等、取付面がやわらかく凹凸がある場合、角材をのり面にプラスチック製角杭で固定して設置します。

サンプル図面はこちら

フラットでなく柔らかな地面取付

フラットでなく硬い山地取付 「実用新案登録済」

地山等、取付面がフラットでなく石などが混じって硬い場合、敷設する角材を鉄筋杭でのり面に固定します。

サンプル図面はこちら

硬い地盤取付 連結板使用 1600巾(1000巾+600巾)

シールコンクリート面施工

盛り土面取付

盛り土面で取付面に凹凸が無い場合、角材を敷設し階段本体と角材をメッキ鋼棒を使って取付面に固定します。
(凹凸があり角材がバタつく場合はメッキ鋼棒の浮き上がり等が起こるため適しません。その場合は、フラットでなく柔らかな地面取付での施工が適しています。)

サンプル図面はこちら

盛り土面取付

コンクリート面取付

コンクリート面に角材をホールインアンカーを使って固定したところに、階段本体を取付ます。

サンプル図面はこちら

コンクリート面取付

岩部取付 「実用新案登録済」

岩部に角材をアンカーを使って固定したところに、階段本体を取り付けます。
(アンカーは削孔後、モルタルやケミカルアンカー等で固定します。)

サンプル図面はこちら

岩部取付

横連結(600+600=W1200, 750+750=W1500, 1000+1000=W2000 等)

横に連結して取付すれば、様々なニーズに対応できます。
左の施工例は、柔らかい地山への取付、右は硬い地山への取付例です。

サンプル図面はこちら

柔らかい地山と硬い地山

リバーザー急傾斜用階段(梯子/傾斜 50 度以上)「実用新案登録済」

リバーザー急傾斜用階段(梯子/傾斜 50 度以上)

サンプル図面はこちら

リバーザー急傾斜用階段(梯子)

本体取付手摺 「特許出願中」

本体取付手摺は、支柱・ビーム・支持金具・補強金具からなる新東化成株式会社製セット製品です。

本体取付手摺用金具は、支柱・ビーム等は量産品手摺メーカーの物を使用し、新東化成株式会社製の支持金具と補強金具で設置することも出来ます。

サンプル図面はこちら

本体取付手摺

本体取付手摺用金具

リバーザーステップの特殊施工例

のり枠部への設置

のり枠部への設置は、鉄筋杭やアンカーを使用して設置します。

曲がり部への設置

曲がり部は、らせん階段の様に少しずつずらしながら重ねて設置します。

二次加工と保管について

穴開け

電動ドリルで金工用刃を用いてください。

切断

電動丸鋸で刃はチップソーをお使いください。

保管

再生プラスチック材は熱伝導が非常に悪く、直射日光により表面だけ温度が上がり、素材に「そり」や「曲がり」がでます。
現場での保管の際には、ブルーシートを掛けてください。
更に角材や杭等の保管の場合、パレットや台棒を下に敷いていただきますようお願いいたします。

リバーザー・ステップ(のり面点検階段)価格と参考歩掛

リバーザー・ステップの参考歩掛と小運搬算出用重量は、参考歩掛・小運搬算出用重量表をご覧ください。
リバーザー・ステップの価格については別途お見積させていただきます。お問合せフォーム またはお電話にてご連絡ください。

〒206-0031 東京都多摩市豊ヶ丘3丁目5番地 コスモフォーラム多摩5-105
TEL:042-374-6388 FAX:042-338-1875

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Bookmark this on Delicious
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • Clip to Evernote
  • submit to reddit